ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年04月26日 16時31分 UPDATE

「楽天AIプラットフォーム」誕生、顧客サービス向上へ Watson活用

楽天がIBM Watsonを活用し、顧客サービス向上のための社内システム「楽天AIプラットフォーム」を構築した。

[ITmedia]

 楽天と日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月26日、楽天の社内向けシステム「楽天AIプラットフォーム」を共同開発したと発表した。両社のAI関連技術を活用し、楽天グループが提供している各種サービスのカスタマーサポート品質向上や利便性アップを目指す。

ワトソン コグニティブ・コンピューティングシステム「IBM Watson」

 楽天AIプラットフォームは、コグニティブ・コンピューティングシステム「IBM Watson」の自然言語処理、会話制御などのAPIと、楽天のAI関連技術、顧客対応に関するデータベースを組み合わせて構築。楽天の各サービスの問い合わせチャットやアプリと連携させ、自動応答機能を備えたチャットbotをスムーズに導入できるようにする。

 両社は共同開発チームを設置し、今後もAI技術の開発や導入に注力するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.