ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年04月29日 18時46分 UPDATE

イーロン・マスク氏、ロサンゼルス地下の3Dトンネル構想を語る

TeslaやSpaceXを経営するイーロン・マスク氏が新トンネル企業Boring CompanyについてTED2017で語った。40層程度のトンネルネットワークで渋滞を解消するという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 TeslaやSpaceX、Neuralinkを経営する起業家のイーロン・マスク氏は4月28日(現地時間))、カナダのバンクーバーで開催のTED2017で新企業Boring Companyについて語った。

 boring 1 TEDで語るイーロン・マスク氏

 同氏は昨年12月、「交通渋滞にはあきあきだ。次はトンネル掘削マシンを開発しよう」とツイートし、実際に創業した。

 企業サイトにはまだ構想のデモ動画(記事末に転載)が貼ってあるだけだ。この動画では、渋滞の道路から車ごとエレベーターのような装置で地下に下りてソリのようなものに乗り、トンネル内を運ばれる様子が紹介されている。時速200キロで移動できるという。

 boring 2 地上からトンネルに垂直に降りる
 boring 3 時速200キロで移動

 地下にこうしたトンネルを3次元のネットワークとして構築し、渋滞を解消するという構想だ。40層程度のネットワークにすれば渋滞は起きないと同氏は語った。

 boring 4 ロサンゼルスの地下にめぐらす3Dトンネルネットワーク構想

 同氏はTEDで、なぜ“空飛ぶ自動車”ではなくトンネルなのかという質問に、「私はロケットも作っているから飛ぶのは好きだが、空飛ぶ車は非常にうるさいという問題がある」と答えた。

 具体的な計画などについては語らなかったが、SpaceXで目撃されたというBoring Companyのロゴがついたボーリングマシンについての記事のリンクをマスク自身がツイートしている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.