ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年05月08日 20時35分 UPDATE

「胸やパンストに顔を近づけて嗅ぐ」アダルトVR、開発者の“野望” 「VRでエロをしないといけない」 (1/2)

VR空間で、女の子の胸やパンストの匂いを嗅げるデモンストレーションが「Unite 2017 Tokyo」に登場。開発元の2社に狙いを聞いた。

[片渕陽平,ITmedia]

 VR(仮想現実)空間で、女の子の胸やパンストの匂いを嗅げる――アダルトゲーム「VRカノジョ」と、香りを出せるデバイス「VAQSO VR」を組み合わせたデモンストレーションが、「Unite 2017 Tokyo」(5月8〜9日、東京国際フォーラム)に出展されている。

photo アダルトゲーム「VRカノジョ」

 今回の出展は、アダルトゲームメーカーのイリュージョンと、「嗅覚系デバイス」を開発するベンチャー企業のVAQSOがコラボレーションしたもの。その裏には、両社それぞれの“野望”があるようだ。共同出展の狙いを聞いた。

photo 展示ブースの様子

「胸に顔を近づけて」

 VRカノジョは、イリュージョンが2月に発売したVR専用アダルトゲーム。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Rift」もしくは「HTC Vive」を装着すると、3D空間で女の子のキャラクター「夕陽さくら」と触れ合えるという内容だ。

 VAQSO VRは、市販のHMDに磁石で取り付け、ユーザーが見ている映像に合わせて最大5種類の香りを出し分けるデバイス。

 今回のコラボでは、来場者がOculus Riftをかぶると、目の前に夕陽さくらの部屋が広がる。彼女の「胸に顔を近づけて」「パンストの匂いを嗅いで」という指示に従い、実際に体を寄せると、匂いが楽しめる。実際に記者が体験したところ、パンストは化学繊維の匂いに混じって、どこか石けん(シャンプー?)のような爽やかな香りがした。

photo こんな風に見えている
photo 目の前に胸が迫る

 VAQSOの川口健太郎CEOは「(夕陽さくらの)若くて清潔感があるイメージをもとに、石けんや制汗剤の香りを調合した」と話す。パンストは、イリュージョンの開発メンバーと相談し、「デフォルメしたかわいい印象の香りではなく、よりリアルな匂い」を意識したという。

photo パンストに顔を近づける

 そのまま嗅ぎ続けていると、さくらに恥ずかしがられ、タイムアップ。映像の最後では、彼女がくれるガムからミントのような香りがした。

photo ガムからはミントの香り
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.