ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年05月09日 16時48分 UPDATE

日本のビットコイン取引所「コインチェック」、障害で5時間サービス停止 ユーザーから不満の声

ログインや仮想通貨の売買もできない状態で、ユーザーから不満が上がっていた。

[ITmedia]

 ベンチャー企業のコインチェック(渋谷区)が運営する仮想通貨取引所「coincheck」で5月9日午前11時半ごろに障害が起き、約5時間にわたってサービスを停止した。ログインや仮想通貨の売買もできない状態で、ユーザーから不満が上がった。

画像 coincheckの告知

 coincheckは、ビットコインやリップルなどの仮想通貨を24時間取引できるサービス。9日11時半ごろ、coincheck上で仮想通貨の価格が極端に上がる異常事態になっていた。

 同社は「正常はでない価格が表示される障害が発生した」と発表し、サービスを停止。午後4時半まで入出金・売買できない状態が続いた。障害発生中に取引していたユーザーは、取引前の状態に戻す可能性があるという。ハッキングなどでユーザーの情報や資産が流出した可能性はないとしている。

 サービス停止中に取引ができなかったことや、取引前の状態に戻すという同社の対応について、ユーザーからは不満の声も上がっている。

 同社をめぐっては、ビットコインを一定期間預ければ金利を得られるサービスを近く始めると、9日付の日本経済新聞朝刊が報道し、ネットでも話題になっていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.