ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年05月10日 12時40分 UPDATE

Adobe、「Flash Player」の脆弱性を修正

Flash Playerの更新版となるバージョン25.0.0.171では、計7件の脆弱(ぜいじゃく)性が修正された。特にWindowsやMacでは更新を急ぐ必要がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは5月9日、「Flash Player」のセキュリティアップデートを公開し、複数の深刻な脆弱(ぜいじゃく)性に対処した。併せて「Experience Manager Forms」のセキュリティアップデートも公開している。

Adobe Flash Player」に脆弱性

 Flash Playerは、更新版となるバージョン25.0.0.171がWindows、Mac、Linux、Chrome OS向けに公開された。解放後使用やメモリ破損など、計7件の脆弱性が修正されている。

 緊急度は4段階で最も高い「クリティカル」に分類。悪用されれば攻撃コードを実行され、システムを制御される可能性もある。優先度はWindowsやMacで「1」と位置付け、直ちにFlash Playerを最新版に更新するよう促している。

 Flash Playerの更新版は、ユーザーが自動更新を有効にしていれば、自動的にインストールされる。Google ChromeとMicrosoftのEdgeおよびInternet Explorer 11(Windows 10/8.1向け)にバンドルされているFlash Playerは、自動的に最新版に更新される。

 一方、Experience Manager FormsはWindows、Linux、Solaris、AIX向けに更新版が公開され、情報流出の脆弱性が修正された。緊急度は上から2番目に高い「重要」、優先度は「2」に分類している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.