ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年05月17日 11時01分 UPDATE

「ドローン向け気象情報」気象協会が研究へ 高度100〜200メートルの気象を把握

予測した気象情報をドローン向けに提供する技術も開発し、ドローン運用者などに利用してもらう。

[ITmedia]

 日本気象協会は5月16日、ドローンが飛行する高度100〜200メートルの気象現象を把握・予測する技術を開発すると発表した。予測した気象情報をドローン向けに提供する技術も開発し、ドローン運用者などに利用してもらう方針だ。

画像

 ドローンは、物流やインフラ点検、災害対応などでの活用が期待されているが、安全で効率的な飛行のためには、突風や豪雨、雷、霧などを気象情報を正確に把握・予測することが重要になる。

 同協会は、ドローンが飛行する高度100〜200メートルの気象現象を把握・予測する技術と、ドローン向け気象情報を提供する技術を開発。ドローン運航管理システムやドローン運用者に利用してもらう方針だ。

 研究は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に応募して採択された。2017年度〜19年度にかけ研究を進める。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.