ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年05月24日 11時45分 UPDATE

すかいらーく、セルフレジ導入店を拡大 ランチタイム混雑緩和へ

6月中旬までに、セルフレジの導入店舗を首都圏21店舗に拡大する。

[ITmedia]

 すかいらーくは5月24日、セルフレジの導入店舗を、6月中旬までに首都圏21店舗に拡大すると明らかにした。ランチタイムに会計が集中する店舗で優先的に導入し、利用者が列に並んで会計を待つ時間を短縮する狙い。

photo 5月24日に導入された、ジョナサン武蔵野西久保店のセルフレジ(すかいらーく提供)

 同社は今年1月、セルフレジを都内のファミリーレストラン「ガスト」「ジョナサン」「バーミヤン」合計3店舗に試験導入。利用者は会計時、レジで伝票のバーコードを読み取り、クレジットカードか電子マネー(Edy、iD)で支払う仕組みだ。導入した3店舗では、利用客(来店組数)の約10%がセルフレジを利用し、会計の待ち時間を平均30秒ほど短縮できたという。

 これら3店舗に加え、6月中旬までに東京都、神奈川県、埼玉県の18店舗にもセルフレジを順次導入する予定。

photo すかいらーくの公式サイトより

 セルフレジは近年、コンビニエンスストアなどで導入が進んでいる。今年4月には、セブン-イレブンなど5社が、2025年までに取り扱う全商品に電子タグを取り付け、セルフレジの導入を後押しする計画を発表した(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.