ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年05月29日 12時44分 UPDATE

パルコ、宅配ボックスを今秋導入 ブロックチェーンで誤配送・盗難防ぐ

通販サイト「カエルパルコ」利用者が使える宅配ボックスを、東京・池袋近辺の施設に今年9月頃設置する。

[ITmedia]

 パルコは5月29日、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスを、東京・池袋近辺の商業施設などに9月頃設置すると発表した。同社通販サイト「カエルパルコ」で購入した商品を受け取れる。荷物の預け入れ、受け取りの記録をブロックチェーン上に残すことで「安心・安全に好きなところで受け取れるサービスを目指す」としている。

photo カエルパルコの公式サイトより

 ブロックチェーンは、取引記録などをP2P方式の分散データベースで管理し、データの不正改ざんなどを防ぐ技術。配送スタッフが宅配ボックスに荷物を入れて施錠すると、納入記録がブロックチェーン上に保存される。利用者が自身のスマートフォンでボックスの解錠操作を行えば、ブロックチェーン上でデータを照合して荷物を受け取れる仕組みだ。

 システムを開発したセゾン情報システムズによると、ブロックチェーンに取引記録を記録することで、特定の配送業者に縛られず「誰がいつボックスを開閉し、何を受領したか」を証明できるメリットがある。ボックスの開閉履歴や施錠・解錠要求といったデータは改ざんが難しい状態で保存されるため、誤配送や盗難による商品紛失リスクも抑えられるとしている。

 導入に先立ち、セゾン情報システムズのオフィスビル内で5月30日〜6月9日に実証実験を行う。同社スタッフがカエルパルコに商品を発注し、宅配ロッカーで受け取れるかを確認。ブロックチェーンシステムが正常に稼働するかを検証する。

photo 実証実験の概要

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.