ITmedia NEWS >
ニュース
2017年05月30日 14時20分 UPDATE

マストドンつまみ食い日記:マストドンでも「ツイート」「シェア」のようにサイトに設置できる「Mastoshare」ボタン

例えばこの記事をマストドンにトゥートするためのボタンを埋め込むことができる。

[松尾公也,ITmedia]

 「ITmedia NEWSはあんなにマストドンの記事を書いているのになぜトゥートボタンを設置しないの?」とよく聞かれる。

 TwitterやFacebook、Google+などのSNSで記事タイトル、URLを共有するためのソーシャルボタンはITmediaの記事のタイトル下に設置されている。しかし、そこにマストドン用のものはない。

 そもそもそんなものは存在しないのだと答えてきた。

photo

 Chromeのユーザーであれば、TooterというChrome拡張をユーザーがインストールすることでツイートボタンを乗っ取ってマストドンに投稿することはできる

 だが、5月20日に「Mastoshare」というソーシャルボタンに関する記事がQiitaで公開されていたのを知った。

 N_shiさんは「マストドン、楽しいですよね。でもTwitterみたいに特定のサイトを気軽に共有出来るボタンが無いです。だから作りました」とその意図を説明。

 N_shiさんが開発した「Mastoshare」(マストシェア)を設置し、ユーザーがTootボタンを押すと、そのWebページのタイトルとURLが自動挿入され、連携されたマストドンのアカウントでトゥートされる仕組みだ。

 投稿する際には、自分が入っているインスタンスをあらかじめ登録して連携させておいて、そのアカウントを指定する必要がある。ちょっと面倒だが、マストドンの性質上、一発で投稿というのは難しいかもしれない。

photo Mastoshareの設定画面
photo Mastoshareの投稿画面

 共有ボタンの必要性はイシューになってはいるのだが、進展は見られない。Mastoshareのようなサードパーティーによるサービスを使う以外の選択肢は今のところなさそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.