ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年05月30日 20時25分 UPDATE

ワコールが「空き家」ビジネス 京町家を宿泊施設に

老朽化が進んだり、空き家になったりした京町家をワコールが借り上げ、宿泊施設に転用する事業を始める。

[ITmedia]

 ワコールは5月30日、京町家や古民家を活用した宿泊施設事業を始めると発表した。老朽化した物件や空き家を所有者から借り上げ、宿泊施設としてリノベーションし、観光客に貸し出す。まず2018年4月に2〜3店舗を開業し、22年には京都市内に約50店舗の展開を目指す。他府県での展開も視野に入れる。

photo

 社員が新規事業を提案するワコールの社内制度から事業化した。旅館業法に基づき、民宿と同じような「簡易宿所営業」の施設として運営する。宿泊施設にはスタッフは常駐せず、鍵は対面で事前に渡す仕組み。宿泊者向けに、京都の歴史や文化を体験できるプログラムも提供する予定。

 リノベーションのデザインなどは、グループ企業のワコールアートセンターが担当。歴史的建造物の価値をなるべく保存しながら行うという。ワコールは、物件所有者との賃貸契約の交渉、宿泊事業の運営などを担当する。「近隣住民をはじめ、地域コミュニティーと良好な関係を構築し、対象物件の選定を進める」(ワコール)としている。

 京町屋は、所有者の高齢化に伴い、老朽化が進んだり、空き家が増えたりしている。観光客に貸し出すことで、京町屋を保全しつつ、地域の生活環境改善やコミュニティー形成に役立てる狙い。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.