ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2017年06月01日 07時23分 UPDATE

Appleのスマートスピーカー、WWDCで発表→年内発売のうわさ高まる

Appleが「Amazon Echo」や「Google Home」のような、Siri搭載のスマートスピーカーの製造を開始しており、早ければ6月のWWDCで発表し、年内に発売するとBloombergが情報筋の話として報じた。

[ITmedia]

 米AppleはSiri搭載の「Amazon Echo」や「Google Home」対抗スマートスピーカーを6月開催の年次開発者会議WWDCで発表し、年内に発売すると、米Bloombergが5月31日(現地時間)、匿名希望の複数の情報筋の話として報じた。

 siri 1 Amazon EchoシリーズとGoogle Home

 AppleがWWDCでスマートスピーカーを発表することは先月初旬、台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏も予測した。

 Bloombergによると、既に台湾の受託生産大手Inventecが新端末の製造を開始したという。InventecはAppleの「AirPods」を受託生産している。

 このスマートスピーカーは、Appleのスマートホームプラットフォーム「HomeKit」対応家電・照明を操作でき、「Apple Music」や「カレンダー」など、Appleアカウントで使う一連のサービスと連係する。もちろんAmazon EchoやGoogle Home同様に天気や交通情報などの基本的な情報も問い合わせられる。

 後発になるAppleのスピーカーの強みは、バーチャルサラウンド技術とAppleサービスとの強い統合という。AmazonとGoogleのスマートスピーカーはApple Musicなどの「Apple ID」で使うサービスを操作できない。

 米Amazon.comは同日、Amazon Echoに搭載するAIアシスタント「Alexa」でiCloudのカレンダーを操作できるようにしたが、ヘルプをみると設定はかなり面倒そうだ。

 “Androidの父”アンディ・ルービン氏率いるEssential Productsが30日に発表した独自OS搭載のスマートスピーカー「Essential Home」はオープンなプラットフォームで、HomeKitやAlphabet傘下のNestのサービスもサポートする見込みだ。こちらの発売時期はまだ不明だ。

 siri 2 Essential Home

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.