ITmedia NEWS >
ニュース
2017年06月02日 17時45分 UPDATE

マストドンつまみ食い日記:自社開発SNSからマストドンに完全移行目指す 学生と教職員結ぶ学習インスタンス「THINKERS.AC」

中高生から大学生、職員のみが参加できるように認証に工夫。従来型SNSから完全移行を目指す意気込みだ。

[松尾公也,ITmedia]

 十代向け学習用SNSの運営会社であるTHINKERSは6月1日、マストドンのインスタンス「THINKERS.AC」(シンカーズ)をスタートした。

photo THINKERS.AC

 同社は2015年8月から自社開発のSNSで中高生を対象にした学習コミュニティーを運営、17年5月現在で1000人以上のユーザーが利用しているが、これをマストドンに完全移行し、対象も拡大する。

 インスタンス「THINKERS.AC」は中高生、高専生、大学生、大学院生、大学などの教職員のみが対象。中高生はFacebook認証で年齢を確認、高専生、大学生、大学院生、大学などの教職員については所属組織のメールアドレスを使った認証を独自に実装している。

 THINKERSでは「中高生にとっては大学生や同教職員と交流することで、高等教育機関との接点が持て、地域差によらない高大接続を実現」と説明。500文字までの投稿を効果的に使い文章を書く能力を高めたり、授業内容の投稿を閲覧することで情報を共有したり、受験志望の参考にしたりできるという。

 また投稿内容についての警告(CW)機能を使い、クイズ形式で出題するアイデアも活用していく。

photo CW機能を学習クイズに活用

 鹿児島の「てげどん」と同じく6月1日にオープンした企業インスタンス。どちらもマストドン会議2に参加し、懇親会でその意気込みを話してくれた。

 先進的な企業導入事例として、いずれは彼らにも登壇の要請がかかるだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.