ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年06月08日 20時41分 UPDATE

「忘れ物の傘」無料貸し出し 自販機に備え付け ダイドーが東京などで

ダイドードリンコが、忘れ物の傘をリサイクルし、自販機などに備え付けて無料で貸し出すサービスを、関東エリアと愛知県で始める。

[ITmedia]

 ダイドードリンコは6月8日、忘れ物の傘をリサイクルし、自動販売機に備え付けて無料で貸し出す「レンタルアンブレラ」を、関東エリアと愛知県で始めた。最大340カ所に順次設置する予定(先行してサービスを展開している関西エリアの台数を含む)。

photo 「レンタルアンブレラ」イメージ

 利用者が自販機横の「レンタルアンブレラBOX」から自由に傘を借り、後日任意のBOXに返却する仕組み。返却場所は、借りた場所でなくてもよい。対象エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県、愛知県。駅周辺やオフィス、大学構内など、利用頻度が高いとみられる場所を優先する。

 貸し出す傘の一部は、鉄道会社が提供する忘れ物の傘を活用。タグやステッカーを貼り付けるなど加工した「リサイクル傘」にするという。関東エリアは西武鉄道と東急電鉄が、愛知県エリアは名古屋鉄道が傘を提供する。

 同サービスは、2015年10月に大阪市でスタート。近畿日本鉄道が傘を提供し、16年6月には大阪府、京都府、奈良県、和歌山県に拡大。これまでの傘の返却率は約70%と、取り組みを継続できるレベルだったことから、対象エリアの拡大を決めたという。

photo リサイクル傘

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.