ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年06月08日 20時54分 UPDATE

ホンダ、完全自動運転を2025年に実現へ

ドライバーがハンドルやブレーキの操作を全くしないレベル4(完全自動走行)を、2025年を目標に実現する。

[ITmedia]

 本田技研工業(ホンダ)は6月8日、ドライバーがハンドルやブレーキなどを全く操作しない市販車向け完全自動運転技術を、2025年をめどに実現する方針を発表した。

photo ホンダは、前走車との車間距離を保ったり、自動ブレーキで衝突などを防いだりする安全支援運転システム「ホンダセンシング」を開発している(同社サイトより)

 自動運転車には、ドライバーが運転操作にどの程度関与するかに応じ、レベル1(安全運転支援)〜4(完全自動走行)という区分がある。トヨタ自動車、日産自動車など大手国内メーカーは、レベル4の実現時期を明言していなかった。

photo 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム研究開発計画(内閣府)より(PDFファイル

 ホンダは20年をめどに、複数車線の高速道路を自動走行し、ドライバーの指示なく車線を変更する自動運転技術を実用化する計画。その後、一般道にもテスト範囲を拡大し、25年をめどに完全自動運転を実現する考え。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.