ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年06月23日 12時10分 UPDATE

DeNA、タクシー配車アプリを今夏公開 AIでマッチング効率化

DeNAがタクシー配車アプリを今夏テスト公開。AIを活用した需要予測システムを導入し、利用客とタクシーをマッチングしやすくする。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は6月23日、人工知能(AI)技術を活用した、無料のスマートフォン向けタクシー配車アプリ(iOS)を今夏テスト公開すると発表した。AIが利用者の需要を予測してタクシー運転手に伝え、マッチングを効率化する仕組みも備える。横浜市、一般社団法人神奈川県タクシー協会と共同で、約2カ月間の実証実験を行う。

photo DeNAの公式サイトより

 ユーザーは、タクシーの到着予想時間をアプリ上で事前に確認し、指定の場所に配車を依頼できる。ユーザーの周辺を走るタクシーを地図上に表示し、空車状況も確認できるという。

 迎車地点で、ユーザーとタクシー運転手が効率よく会えるよう、互いの位置をチェックしたり、定型文でメッセージを送れたりする機能も備える。

photo

 AIを活用した需要予測システムを導入。天候や時間帯、運行中車両が収集するデータを基に、ユーザーやタクシーが集中、分散しやすい地域を分析。その日の需要を予測し、運転手にリアルタイムで情報を伝えるという。

 実証実験は、横浜市中区、西区、JR横浜線沿線(東神奈川〜長津田)周辺で今夏に約2カ月間行う。神奈川県タクシー協会に所属するアサヒタクシーなど4社が協力し、約100台のタクシーが対応する。「サービス利用体験上の課題を明らかにし、実用性の高いサービス設計へつなげる」(DeNA)としている。

【訂正】初出時「迎車料金はかからず、ユーザーは運賃だけを支払う」としていましたが、DeNA広報部が「迎車料金は発生する」と訂正したため、本文内容を改めました。(27日13:00 編集部)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.