ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年07月14日 14時55分 UPDATE

JAXA、球体ドローン開発 実験棟「きぼう」内を浮遊 「金井飛行士の相棒に」

JAXAが、球体ドローン「Int-Ball」を国際宇宙ステーションに導入。地上管制局が遠隔操作し、浮遊しながら船内作業の様子を撮影する。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月14日、国際宇宙ステーション(ISS)内を飛行できる球体ドローン「Int-Ball」(イントボール)を発表した。搭載カメラで宇宙飛行士の船内作業を静止画・動画で撮影可能。撮影映像は、リアルタイムで地上管制局にも配信できる。すでにISS内にある日本の実験棟「きぼう」に導入している。

photo Int-Ball

 Int-Ballは、地上管制局が遠隔操作する球体ドローン。本体に推進用ファンを12台搭載し、浮遊しながら船内を撮影できる。移動時は、撮影用とは別のカメラで船内の壁に貼られた「立体マーカー」を読み取り、船内のどこにいるか、位置を認識する。サイズは直径150ミリ以下、重さは1キロ以下。連続稼働時間は約2時間。USBコネクター経由で充電可能だ。

photo Int-Ballの外観(JAXAの資料より)
photo

 これまで宇宙飛行士が船内作業をする際は、定点カメラを設置したり、飛行士が自らカメラを持ったりして撮影していた。だが、定点カメラだと死角があり、手持ちカメラの場合は撮影自体に時間がかかる(作業時間全体の約10%を占める)――などの課題があった。Int-Ballを導入することで、飛行士が撮影作業にかける時間を削減し、その分だけ実験作業に集中できるようにする狙い。

photo JAXAの動画より
photo

 将来は、飛行士に代わり、物品の管理や緊急時の事故現場の調査を行ったり、船外活動(EVA)をサポートしたりできるようにするのを目指す。

 JAXA広報部は「2017年末からISSに滞在する金井宣茂飛行士の“相棒”としても活躍する予定」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.