ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年07月21日 15時04分 UPDATE

「AIサムライ」浅草駅に見参 甲冑姿で観光案内

甲冑姿のマネキンが外国人観光客の質問に答える――その名も「AI-SAMURAI」が、東武浅草駅に登場する。

[ITmedia]

 甲冑姿のマネキンが外国人観光客の質問に答える――その名も「AI-SAMURAI」が、東武浅草駅に7月25日から登場する。英語・日本語音声で質問すると、“サムライ”が音声で回答。凸版印刷と東武鉄道が共同で、実証実験として展開する。8月24日まで。

画像 ニュースリリースより

 甲冑を着たマネキンにスピーカーを内蔵し、隣にディスプレイを設置。英語・日本語の音声で話しかけられた内容を分析し、英語・日本語音声で回答するほか、関連情報をディスプレイに表示する。

 浅草駅構内や周辺施設の案内、ディスカウントパスの案内、簡単なあいさつなどに対応。AIが対応できない質問には、バックオフィスのオペレーターが遠隔で対応する。

 AIベンチャー・Nextremerの対話システム「minarai」を搭載した「AI-SAMURAI」を共同開発。外国人にも親しみのある「サムライ」の姿で興味を喚起し、顧客接点を創出するとしている。

画像 Nextremerの公式サイトより

 浅草駅の「東武ツーリストインフォメーションセンター浅草」に設置し、「サムライ」による集客効果と、必要な情報を案内できた人数を確認。インバウンドの増加に伴う多言語対応や、案内業務の効率化・情報提供の最適化を検証する。

 凸版は、「AI-SAMURAI」をはじめとした、親しみやすいインタフェースとAIによるソリューションを「AIコミュニケータ」と名付け、事業として展開する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.