ITmedia NEWS > STUDIO >
連載
2017年07月24日 07時00分 UPDATE

ゆとり記者が聞く(番外編):俺がこんなにカワイイわけがない──誰でも“美少女に変身する”VR 「かわいさ」追求する男3人の挑戦 (1/3)

VR(拡張現実)を使い、誰でも美少女になれる――そんな夢のような時代がやってきた。次世代のVRコミュニケーションに挑戦するベンチャー企業・カバーに開発の裏側を聞く。

[村上万純,ITmedia]

 2017年5月、VR(仮想現実)の未来を感じさせる“新しい試み”がTwitterに投稿された。

 スマートフォンの画面に映るのは、ニッコリと笑いながらこちらに手を振る3Dアニメの美少女の姿。今では、3Dアニメのキャラクターが動くこと自体は特に珍しくはない。しかし、この動画には秘密が隠されている。

 ぱっちりとした大きな瞳、つややかなロングヘア、すらりとしたスタイル、かすかに紅潮した頬、快活さを感じるノースリーブの青いワンピースと、そこからすらりと伸びる細い腕──かわいらしい笑みを浮かべる美少女の正体は……男性だ。

 男性が、VRを使ってリアルタイムに美少女を“演じている”のだ。

福田さん VRで美少女を演じる男性。VR空間で絵を描いている

 VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)と専用コントローラーを使い、男性の表情や手の動きをリアルタイムに3Dキャラへ反映する仕組み。スマホ画面で見る限りは、まさか中身が男性だとは気付きようもない。老若男女関係なく、誰もがVRで美少女に変身し、なりきることができるのだ。

 この「誰でも美少女になれるVR」を開発したのは、VR/AR(拡張現実)ベンチャー企業のカバー(東京都・中央区)。16年6月に設立したばかりの若い会社だが、社員3人のうち2人が起業経験を持つベテランだ。

カバー 左から、VR/ARベンチャー企業カバーの谷郷元昭社長と、福田一行取締役CTO

連載:ゆとり記者が聞く

小学生の頃には携帯電話とインターネットが身近にあった「ゆとり世代」の記者が、いま気になる若手をインタビュー。一般的に「競争が苦手」「自主性がない」とされるゆとり世代の正反対をいく、活躍する若者の共通点とは? (今回はベテラン社員が相手だが、“VR界の若手”という意味で番外編としている)


 「日本発のキャラクターで世界中を熱狂させたい」――その夢を実現させるため、カバーは3Dアニメキャラの配信プラットフォームを開発しているという。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.