ITmedia NEWS >
ニュース
2017年07月28日 09時44分 UPDATE

CloseBox:さらばiPod、同期、母艦

消えたのはiPod shuffleとiPod nanoだけではない。

[松尾公也,ITmedia]

 2001年に始まり、Appleの快進撃の糸口となったiPodの歴史が幕を閉じた。

 今回Appleが終わらせたものは、iPod nanoとiPod shuffleで、iPod touchは値下げされて残っている。しかし、iPod touchはiPhoneからセルラー機能を抜いただけの、iPhoneのエントリーモデルとして位置付けられるものであり、音楽を聴くことを中心に据えたiPodシリーズは事実上終わった。

 iPodは音楽を聴くものにとって革命だった。MacのiTunesをデジタルハブとして、FireWireケーブルで同期することにより1000曲を数分で同期し、自分が所有している曲全てにアクセスできる。SONY Walkmanが最初に出たときに匹敵する衝撃だった。

photo 筆者が所有する初代iPod

 iPodの登場までは、小型のWindowsノートにイヤフォンをつなげてMP3をそのまま聞いていたが、iPodはそこに5GBのハードディスクを搭載し、iTunesで同期した何十枚ものアルバムを聴くことができた。空間を切り取り、自分だけの音楽世界にいつまでも没頭できるデバイスだった。

 2001年に、初代iPodをレビューした記事を再録したものがこれだ

 しかし、現在はその「同期」が不要となっている。というよりも邪魔になっている。iPod nanoやiPod shuffleは母艦となるMacかPCが必要で、iTunesがインストールされてなければならない。Apple Musicとの連携もない。今となってはレガシーで、使うためには余計な金がかかるものでしかない。

 いつでも音楽を聴けるiPodの考えは、AirPods、HomePodという新しい「Pod」に受け継がれている。もちろんiPhone、Apple Watchにも。iTunesライブラリはApple Musicとなり、1000曲ではなく数千万曲にどこからでもアクセスできるようになった。

 今日はiPod nano、shuffleの終焉であるとともに、母艦、同期というレガシーがついに切り離された、そんな日なのだ。

 

 ホイール中央のボタンがクリックできなくなり操作不能になった初代iPodを手に取りながら、Apple MusicのプレイリストでiPodの歴代CMソングを聴いて、そんなことを考えている。

photo iPodのCMを鮮やかに彩った楽曲

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.