ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年07月31日 13時14分 UPDATE

ノートンが「Impress Watch」を誤ブロック

「ノートン」シリーズがImpress Watchを誤ブロック。「窓の杜」で扱っている特定のソフトが誤判定を受けたことが原因という。【更新】

[ITmedia]

 インプレスは7月31日、シマンテック製セキュリティーソフト(「ノートン」シリーズ)のユーザーが、同社のネットメディア「Impress Watch」にアクセスできない状態になっていることを明らかにした。Impress Watch内の「窓の杜」で扱っている特定のソフトが誤判定を受けたことが原因という。

 Impress Watchは、「PC Watch」「Internet Watch」「窓の杜」など多数の専門サイトで構成。窓の杜は、編集部員が選んだオンラインソフトをジャンル別に確認・ダウンロードできる。

 PC WatchのTwitterによると、窓の杜で扱っている特定のソフトが誤判定を受けたことが原因で、Impress Watch全体がブロックされてしまったという。同社は現在、対応を進めているという。

8月1日午前10時追記

 PC WatchのTwitterは7月31日夕方、「シマンテックによって『潜在的な迷惑アプリ』と判定されていたものを窓の杜のライブラリから削除することで、サイト全体に対するブロックは解消された」と発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.