ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
2017年08月03日 11時13分 UPDATE

「ねぞうアート」火付け役が創業した「ハハノマド」破産

「ねぞうアート」ブーム火付け役が昨年創業した「ハハノマド」が破産。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、「ねぞうアート」ブーム火付け役で、漫画家の角南(小出)真朱氏が代表を務める企業・ハハノマドが7月26日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約2000万円。

画像 ねぞうアートのイメージ

 角南氏は、寝ている赤ちゃんの周りに小物を置くなどして寝相ポーズに合った背景を演出し、写真を撮ってSNSにアップする「ねぞうアート」の火付けで、ねぞうアートに関する著書もある。

 ハハノマドは2016年6月創業。「ねぞうアート」や変身写真を撮ったり遊んだりできるキッズスペース「ねぞうアートらんど」を都内で運営していたが、思うように売り上げが上がらず資金繰りも限界に達し、事業継続が困難になったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.