ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年08月21日 12時27分 UPDATE

米軍艦「インディアナポリス」海底で発見 MS創業者ポール・アレン氏の調査チーム

米Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏が率いる民間の調査チームが、米軍艦「インディアナポリス」の残骸を発見した。

[ITmedia]

 米Microsoftの共同創業者ポール・アレン氏が率いる民間の調査チームが、第2次世界大戦の終盤、1945年に日本軍に撃沈された重巡洋艦「インディアナポリス」をフィリピン海で発見したとし、8月19日、写真を公開した。

画像 「INDIANAPOLIS」と書かれた部品箱

 調査チームは、フィリピン海の水深5500メートル地点に沈んでいたインディアナポリスの残骸を18日に発見したという。今後も捜索を続けるとしている。

 インディアナポリスは、原子爆弾の材料をテニアン島に届ける秘密任務を完了した後、1945年7月30日、日本の潜水艦による魚雷攻撃を受け、わずか12分で沈没。1996人の乗組員のうち生き残ったのは316人だけだった。

 アレン氏は、水深6000メートルまで潜れる最先端の調査船を入手し、探索に成功。「乗組員やその家族にとって何らかの終止符になれば」などとコメントしている。

 インディアナポリスは現在も米海軍が保有しており、詳しい位置は非公開という。

画像 「35」の文字が書かれたインディアナポリスの残骸
画像 いかりを巻き上げる機械
画像 船鐘
画像 いかり

 アレン氏はビジネスの一線を退き、投資や慈善事業を行っているほか、第2次世界大戦の沈没艦の探索活動も展開しており、2015年には日本の戦艦「武蔵」を発見している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.