ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年08月22日 23時23分 公開

マストドンつまみ食い日記:IOS風マストドンクライアント「Tooterminal」

IOSといってもAppleのアレではなくて……。

[松尾公也,ITmedia]

 iOSのマストドンクライアントならたくさんあるのだが、そうではない。IOS風のマストドンクライアントが登場している。IOSとはネットワーク機器のガリバー企業Cisco Systemsが自社製品に使っているOS。古いiPhoneユーザーならば、iOSの名称が登場した2010年にCiscoから名称使用の許諾を得たことを覚えているだろう2007年にはiPhoneの名称使用でCiscoから訴訟を起こされて後で和解したこともあるが、それはまた別の話。

 そういうことでもなければ普通の人が目にすることのないCisco IOSを模したマストドンクライアントがあるのだ。ぐすくまさんが開発した「Tooterminal」。ブラウザでWebページにアクセスするといきなりターミナル画面になる。全てをコマンドラインインタフェースで実行する、IOS風操作画面なのだそうだ。操作マニュアルはこちらに。細かいところまでIOS風だというのだが、門外漢にはさっぱりだ。

 それでも複数のインスタンスにログインし、アカウントを切り替えてトゥートしたりタイムライン(ホーム、ローカル、連合)を見ることもできる。

photo トゥート画面
photo ローカルタイムラインの表示

 しばらく使っていると結構慣れる。画面内の情報密度がめちゃくちゃ高い。ファボもブーストも実装されたので、このCLIクライアントを常用しようという人が出てくるかもしれない。

 Mastodon Dev Kaigi #0ではしむどんさんが開発したEmacs用クライアントに「mastodon-mode.el」ついてのライトニングトークが行われた(スライドへのリンク)が、それと並ぶ変わり種マストドンクライアントと言えるだろう。

 今一番アツいマストドンクライアントと評判のTooterminal。ネットワークエンジニアなら試してみてはいかがだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.