ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年08月24日 15時20分 公開

エストニア、独自の仮想通貨「エストコイン」発行を検討 国家初のICOへ

エストニア共和国が、仮想通貨を発行して資金を調達する「ICO」を検討している。実現すれば、国家による初のICOになりそうだ。

[岡田有花,ITmedia]

 北欧バルト三国のエストニア共和国が、独自の仮想通貨を発行して資金を調達する「ICO」(Initial Coin Offering)を検討している。同国の幹部が、Mediumに投稿した記事で明らかにした。実現すれば、国家による初のICOになりそうだ。

画像 ティーザーサイト

 エストニアはバルト三国最北のEU加盟国で、人口約130万人の小国。通話/メッセージングサービス「Skype」が生まれた国としても知られる。

 2014年から、外国人がエストニアの「デジタル住民」になり、オンラインで行政サービスにアクセスしたり起業できる「E-resident」を展開。138カ国から2万2000人以上がデジタル住民に登録しているという。

 電子政府化の一環として今回、独自の仮想通貨「エストコイン」発行によるICOを検討していると、E-residentプロジェクトマネージャーのカスパー・コージュス氏がMediumで明らかにした。既にティーザーサイトもオープンしている。

 ICOで調達した資金は、官民連携(Public Private Partnership:PPP)で管理し、AIなど公共サービスを支える新技術に投資するほか、ベンチャーキャピタル(VC)として、デジタル住民による企業を含む国内企業への投資などに使う計画。将来は、公的・私的な支払いにも、国境を越えて利用できるようにしたいという。

 同国はエストコインについて、ハッシュタグ「#estcoin」と「#eResidency」を通じて意見を募っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.