ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年09月05日 11時54分 公開

京阪電鉄、外貨両替機を設置 訪日外国人向け

京阪電鉄が祇園四条駅と三条駅に自動外貨両替機を導入。

[ITmedia]
photo

 京阪電気鉄道は9月4日、祇園四条駅と三条駅(京都市)に自動外貨両替機を設置すると発表した。14日から利用できる。増加する訪日外国人向けのサービスとして導入し、設置駅を順次拡大する考え。同社初の取り組みという。

 外国紙幣を日本円に両替できる。取引1回あたりの上限額は日本円換算で10万円。利用時間は午前5時〜午前0時まで(年中無休)。

 取り扱い通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、中国人民元、香港ドル、韓国ウォン、新台湾ドル、シンガポールドル、タイバーツ、インドネシアルピア、マレーシアリンギット。対応言語は、英語、中国語、韓国語、日本語。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.