ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年09月07日 17時50分 公開

GMOインターネット、ビットコインのマイニングに参入 独自チップ開発へ

GMOインターネットがビットコインの採掘(マイニング)事業に参入。将来は、マイニングボードの外販や、クラウドマイニング事業なども視野に入れる。

[ITmedia]

 GMOインターネットは9月7日、ビットコインの採掘(マイニング)事業を、2018年上半期をめどに開始すると発表した。独自の半導体チップ(マイニングチップ)を研究開発し、マイニングに利用する計画。将来は、マイニングボードの外販や、クラウドマイニング事業なども視野に入れる。

画像 「次世代マイニングセンター」の(構想)

 マイニングには、膨大な計算が可能なコンピュータと、そのコンピュータを稼働・冷却する電力が必要だが、同社は半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7ナノメートルプロセスを活用した独自のマイニングチップを研究開発する計画。再生可能エネルギーの豊富な北欧に「次世代マイニングセンター」を設置し、クリーンで安価な電力を調達するとしている。

 ハードウェアの単体スペックは10テラハッシュ/秒、消費電力は500ワット以下を想定。まず5万チップを投入し、500ペタハッシュ/秒の計算を可能にする計画だ。

 将来は、次世代マイニングセンターの設備資金をユーザーから調達し、マイニングに成功した場合報酬のビットコインを分配するクラウドマイニング事業や、次世代マイニングボードの外販、GMOグループの仮想通貨FX企業・GMOコインへの仮想通貨提供も想定している。

 GMOグループでこれまで培ってきたネットインフラ事業とネット金融事業のノウハウを生かし、「仮想通貨の発展に貢献する」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.