ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年09月08日 10時30分 公開

ブロックチェーン使ったキャリア間決済実験に成功 通信事業者のコンソーシアム、ソフトバンクなど発足

ソフトバンクと傘下の米Sprint Corporationなど4社は、通信事業者を中心としたブロックチェーンコンソーシアムを発足させた。

[ITmedia]

 ソフトバンクと傘下の米Sprint Corporationなど4社は9月8日、通信事業者を中心にしたブロックチェーンコンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group」を発足したと発表した。今後、他の通信事業者にも参加を呼びかけ、キャリア間ブロックチェーンプラットフォームの要件定義などを行う計画。ブロックチェーン技術を活用したキャリア間ブロックチェーン決済システムの実験にも成功したという。

画像

 4社は、ソフトバンク、Sprintのほか、台湾の通信事業者Far EasTone Telecommunications、ブロックチェーン技術開発企業米TBCASoft。

 実験では、TBCASoftのブロックチェーン技術を活用し、通信事業者間でのプリペイド携帯電話の口座のチャージや、モバイルウォレット連携、国際送金、IoT(Internet of Things)を使った決済に成功したという。

 このシステムにより、通信事業者間のトランザクションの遅延やエラーをなくすことができるほか、通信事業者にさまざまなビジネスチャンスを生み出すという。

 コンソーシアムは今後、他の通信事業者に参加を呼びかけるとともに、キャリア間ブロックチェーンプラットフォームの要件定義を行う。参加企業が技術やビジネス、法令・規制に関する課題を解決するためのワーキンググループとしても活動する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.