ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月11日 08時28分 公開

Spotify、「Safari」のサポートを中止(復活するかどうか不明)

SpotifyのサービスはWebブラウザでも利用できるが、「Safari」はSpotify Web Playerをサポートしなくなった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 スウェーデンの音楽ストリーミングサービスSpotifyが、米AppleのWebブラウザ「Safari」をサポートしなくなっている。コミュニティページへのユーザーからの投稿で明らかになった。

 riegelstammさんが公開したSpotifyのサポートからのメールによると、「最近のSafariのアップデートの結果、SafariはWeb Playerのサポートブラウザではなくなりました。(中略)特定の機能が復活するかどうか、するとしたらいつになるのかを言うことはできません」という。

 筆者の環境ではまだSafariで楽曲をストリーミングできるが、Web Playerを起動しようとすると、以下のように「お使いのブラウザはSpotify Web Playerをサポートしていません」というメッセージが表示される。

 safari 1

 日本語のヘルプページのシステム要件ではWeb Player対応ブラウザ一覧に「Safari 6以降」が含まれているが、英語版にはない。

 safari 2 日本語版の対応ブラウザ一覧
 safari 3 英語版の対応ブラウザ一覧

 MacでSpotifyを使うには、少なくとも当面はMacアプリをインストールするか、他のWebブラウザ(Chrome、Firefox、Opera)を使わなければならなくなりそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.