ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年09月13日 03時20分 公開

Apple、最上位モデル「iPhone X」発表

米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone X」を発表。

[片渕陽平,ITmedia]

 米Appleは9月12日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの最上位モデル「iPhone X」(テン)を発表した。有機ELディスプレイを採用し、ディスプレイ周囲のベゼル幅を狭くした。顔認証機能「Face ID」を備えるほか、ワイヤレス充電にも対応する。日本などで10月27日から予約を受け付け、11月3日に発売する。11万2800円(税別、以下同)から。

 (関連記事:「iPhone 8/8 Plus/X」変更点・新機能は? ガラス背面でワイヤレス充電、顔認証……7/7 Plusとの違いを速攻チェック

photo

 米クパチーノで開催した発表会で、ティム・クックCEOが同じく新モデルの「iPhone 8/8 Plus」に続いて披露した。

photo 3機種の比較

iPhone Xは「歴代iPhoneで最も高精細」

 5.8インチ(2436×1125ピクセル)の有機ELディスプレイ(458ppi)を搭載する。「歴代iPhoneで最も高精細」という。物理的なホームボタンを取り除き、画面下部を指ではじくとホーム画面に戻れるようにした。「A11 Bionic」チップを採用し、iPhone 7と比べると処理性能が最大70%高速化、グラフィックス性能が最大30%高速化したという。

 ストレージ容量ごとに2種類のモデルをラインアップ。64GBが11万2800円、256GBが12万9800円。外寸サイズは143.6(高さ)×70.9(幅)×7.7(厚さ)ミリ、重さは174グラム。カラーはシルバー、スペースグレイを用意する。

photo 「歴代iPhoneで最も高精細」という

 指紋認証機能「Touch ID」を廃止し、代わりに顔認証機能「Face ID」を新搭載する。機械学習(ニューラルエンジン)も活用し、ユーザーの顔を学習していくという。Face IDで読み取った表情を顔文字にできる「Animoji」も搭載する。

photo 読み取ったユーザーの表情が顔文字になる「Animoji」
photo

 国際標準規格「Qi」に準拠したワイヤレス充電に対応。iPhone 7と比べると約2時間長くバッテリーが長持ちするという。2018年には、iPhone、Apple Watchなどを同時にワイヤレス充電できる機器「AirPower」も発売するとしている。

photo iPhone、Apple Watchなどを同時にワイヤレス充電できる機器「AirPower」

 カメラは、広角と望遠の2種類のレンズが並んだ「デュアルレンズカメラ」を採用する(広角側のF値は1.8、望遠側は2.4)。光学ズーム、最大10倍のデジタルズームも可能。両レンズで使える光学式手ブレ補正機能に加え、クアッドLED True Toneフラッシュなどを備える。

photo デュアルレンズカメラを採用
photo
photo

 防水・防じん性能は、iPhone 7と同等(IP67)。

photo 防水性能・防じん性能も

iPhone 8/8 Plusも発表

 iPhone 8/8 Plusは、それぞれ4.7インチ、5.5インチの「True Toneディスプレイ」を搭載する。iPhone Xと同じくワイヤレス充電にも対応する。カラーはシルバー、スペースグレー、ゴールドの3色(詳細記事)。

photo iPhone 8/8 Plus
photo iPhone 8/8 Plusは3色

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.