ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年09月14日 17時35分 公開

主人の好みを覚える“AI調理鍋” シャープが発売

AI(人工知能)がユーザーの調理履歴などを学習し、献立を提案する自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」を、シャープが発売。

[ITmedia]

 シャープは9月14日、AI(人工知能)がユーザーの調理履歴などを学習し、おすすめのメニューを提案する自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」を10月26日に発売すると発表した。実売予想価格は7万5000円前後(税別)。

photo

 水や火を使わずに、食材に含まれる水分を利用して調理する電気無水鍋の新モデル。無線LANを新たに内蔵し、同社のAIを活用するクラウドサービス「COCORO KITCHEN」と連携。AIがユーザーの住んでいる地域や出身地、好きな旅行先のほか、これまでに作ったメニューを学習。好みの食材を使ったメニューのほか、時節やイベントに合ったメニュー、健康に配慮したメニューなどを提案するという。

photo

 本体の画面上で作りたいメニューを選ぶと、必要な食材や調味料、下準備の手順を文字と音声で案内する。本体には130の調理メニューを内蔵。COCORO KITCHENからは約120メニュー(発売日時点)を追加ダウンロードできるという。

photo

 これまでにシャープは、献立を相談できるAI搭載のオーブンも発売している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.