ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年09月19日 11時34分 公開

Slackが2億5000万ドル増資、Softbank Vision Fundがリード

年内に日本語対応を計画中のSlackが、ソフトバンクのリードで2億5000万ドルの増資を行ったと複数のメディアが報じた。

[ITmedia]

 企業向けコラボレーションツール「Slack」を運営する米Slack Technologiesが2億5000万ドル(約279億円)の増資を完了したと、米Recodeなど複数のメディアが9月18日(現地時間)に報じた。

 Recodeによると、企業価値は50億ドル以上で、このラウンドはソフトバンクの10兆円ファンドSoftbank Vision Fundがリードしたという。Slackには米VC大手のAccelも出資している。Accelによると、Slackの売上高は前年比2倍という。

 slack 2 スチュワート・バターフィールドCEO

 Slackのスチュワート・バターフィールドCEOはRecodeに対し「Vision Fundはクローバルな技術プラットフォームに重点を置いており、Slackの最近の国際的な市場拡大に沿っている」と語った。

 同社のDAU(日間アクティブユーザー)は600万人で、その55%は米国外。年内には日本語に対応すると発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.