ITmedia NEWS > ネットの話題 >
連載
» 2017年09月21日 07時00分 公開

ITりてらしぃのすゝめ:「ローチケ騒動」が教えてくれたもの 炎上の“火付け役”は誰か (1/2)

「チケットが勝手にキャンセルされた」というツイートを発端に話題となった“ローチケ事件”。自分でも気付かないうちに炎上に加担してしまっている可能性も?

[宮田健,ITmedia]

“ローチケ事件”が教えてくれるもの

 先日、「ローチケHMV」(以下、ローチケ)を巡って騒動が起きました。Twitterでの「チケットが勝手にキャンセルされた」というつぶやきがネット内を駆け巡り、領収書やメールのスクリーンショットなど、いくつかの“証拠”が公開されました。

 ローチケは、早い段階でかなり強めの否定リリースを出しました。各種報道が過熱する中、結果としてローチケ側は「キャンセルの事実はない」と発表し、当初Twitterで「チケットがキャンセルされた」と主張していた方も「先方様とお話し合いの末、見解の相違がありました」と投稿し、玉虫色ながら解決へと向かいました(関連記事)。

ローチケ 「ローチケHMV」が2017年9月6日に出したリリース

 この事件そのものに関してはコメントを控えますが、「この件は無関係の第三者(つまり、私たち)がそこまで騒ぐべきものだったのか」という疑問は浮かびます。もちろん、うそは良くないですし、本件は企業に対する偽計業務妨害に相当する事件だったかもしれません。

 しかし、それはローチケと当事者の問題であり、それ以外の人があえてSNSという「メディア」を使い、大きな声で言及すべきものだったのかは分かりません。特に、事件が一段落したあとの個人攻撃に近いリプライの応酬は、見ていてつらいものがあります。

連載:ITりてらしぃのすゝめ

「身近な話題を例にITリテラシーを高めていこう」がコンセプト。さらっと読めて人に話せる、すぐに身につく。分かりやすさ重視で解説。小ネタも扱います。


本来、「批判」は難しい

 今回の事件に対する反応は、当初ローチケ側への非難が多かったような気がします。個人的にもローチケで「ご用意できませんでした」というメールを多数いただいており、ローチケを責めたくなる気持ちも分からなくはありませんが、領収書やメールが「公開された」という事実だけを見ると、これはローチケ側に非があると考えてしまいがちです。

ローチケ ローチケは当初から、入金の事実はないとしていた

 ローチケ側は、メールの文面がおかしい上に「メールの画像も拝見しましたが、弊社のメールの体裁とは違うように思います」(関連記事)とコメント。その後は手のひらを返したように、矛先は個人へと向かいます。

 本来、ある出来事に対する批判はとても難しいものだと思います。批判するためには、前提となる情報を広くおさえ、客観的な判断をした上で、淡々と事実のみを指摘するということが必要だと私は思っています。今回の内容は批判というより「攻撃」になっており、あやふやな前提条件の上で、声が大きそうな側に乗っかっているだけに見えました。あえて言えば、自分の達成感のために「正義感を振りかざす」という行為です。

 SNSとは、第三者が上から目線で石を投げることもできてしまいます。正義感を振りかざすには大変いい道具であるため、何か事件が起きると、このような行為が見受けられることが多くなってしまいました。

何気ないひと言が「世論」に

 そして、その振りかざした正義感が、“誰か”に勝手に使われることも増えたと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.