ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2017年09月22日 08時00分 公開

「CCleaner」に混入されたマルウェア、標的は日本や米国のIT大手

攻撃目標のドメインの一覧には、CiscoやHTC、Samsung、ソニー、VMWare、Intel、Microsoft、Linksys、D-Linkなどのドメインが含まれていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ウイルス対策ソフトウェアメーカーAvast Softwareの傘下にある、Piriform製のシステムクリーナーソフト「CCleaner」にマルウェアが仕込まれていた問題で、AvastやCiscoのセキュリティ部門Talosは9月20日、攻撃者は日本や台湾、米国などの大手IT企業を狙っていたことが分かったと伝えた。

CCleaner 対応状況を報告するAvastのブログ

 この問題では、CCleanerが何者かに改ざんされて、マルウェアを仕込んだ「CCleaner 5.33.6162」「CCleaner Cloud 1.07.3191」が配信された。Avastによると、8月15日〜9月15日にかけて影響を受けたPCは計227万台に上る。

 AvastやTalosでは、マルウェア制御用のC2サーバに保存されていたファイルを分析した結果、これが特定の相手を狙って執拗な攻撃を仕掛けるAPT攻撃だったことが実証されたと報告。9月12日〜16日の間に70万台を超すマシンがC2サーバと通信し、8組織の20台あまりが攻撃の第2段階となるマルウェアを受け取っていたことが分かったという。

 ただしこれが数日間だけのログだったことを考えると、実際にマルウェアを受け取ったマシンは少なくとも数百万台に上るとAvastは推測する。狙われたのは日本や台湾、英国、ドイツ、米国の大手ITおよび通信企業で、Talosがブログに掲載した攻撃目標のドメインの一覧には、CiscoやHTC、Samsung、ソニー、VMWare、Intel、Microsoft、Linksys、D-Linkなどのドメインが含まれていた。

 システムに感染したマルウェアは定期的にC2サーバと通信して盗んだ情報を転送していた。この情報にはIPアドレスやホスト名などが含まれるという。

 攻撃者は、どのマシンを最終段階の攻撃の目標にすべきかを判断する目的で、この情報を使っていたとTalosは推測し、「高度な技術を持つ攻撃者が、膨大な数の被害者に対するサプライチェーン攻撃を使うことによって特定のIT企業に照準を絞ったシステムを設計し、特定の標的のネットワーク上のコンピュータにマルウェアを感染させようとした」と分析する。

 マルウェアに感染したCCleanerを使っていたユーザーは、CCleanerを削除したり最新版に更新したりするだけでなく、バックアップからの復旧やシステムイメージの再形成を行って、システムに潜んでいるかもしれない他のマルウェアも確実に削除する必要があると勧告している。

CCleaner Talosは「高度な技術を持つ攻撃者が、膨大な数の被害者に対するサプライチェーン攻撃を使うことによって特定のIT企業に照準を絞ったシステムを設計し、特定の標的のネットワーク上のコンピュータにマルウェアを感染させようとした」と分析

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.