ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月25日 08時50分 公開

Walmart、“冷蔵庫まで直接お届け”サービス開始

米小売り最大手のWalmartが、スマートホーム企業August Homeとの提携により、配達員がワンタイムコードで不在宅のドアを解錠し、家の中に注文品を届けるサービスのテストをシリコンバレーで開始した。配達の様子はモバイルアプリでリアルタイムで確認できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米小売り最大手のWal-Mart Storesは9月22日(現地時間)、オンラインで受注した食料品を不在宅の冷蔵庫に納品するサービスを、シリコンバレーで試験的に開始したと発表した。米スマートホーム企業August Homeとの提携で実現した。

 walmart 1 配達員が不在宅の中に荷物を持って入る

 August Homeのスマートホームシステムを導入したユーザーのみ利用可能。ユーザーがWalmart.comで食料品を注文する際にワンタイム認証コードを設定しておくと、配達時にユーザーが不在の場合、配達員がスマートドアにそのワンタイム認証コードを入力することで解錠でき、家の中に入れる。

 walmart 2 家の中まで入るサービスの流れ

 認証コードがドアに入力されるとユーザーのAugustのモバイルアプリにプッシュ通知が表示され、屋内に設置してある監視カメラで配達員の動きを確認できる。この映像は保存も可能だ。

 Walmartは今後、このサービスの提供範囲を拡大していきたいとしている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.