ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月27日 01時18分 公開

「けもフレ」たつき監督“降板”、公式が経緯説明 制作会社が「辞退」

アニメ「けものフレンズ」製作委員会が、続編制作について、たつき監督が所属するアニメ制作会社・ヤオヨロズから「辞退したい旨を受けた」とコメント。

[ITmedia]

 アニメ「けものフレンズ」で監督を務めた「たつき」さんがTwitterで“降板”を明かした件で、同作の製作委員会は9月27日、たつきさんが所属するアニメ制作会社ヤオヨロズから「(続編制作を)辞退したい旨の話を受けた」とのコメントを発表した。

photo 公式サイトより

 25日、たつきさんがTwitterで「ざっくりカドカワさん方面よりのお達し」で「けものフレンズのアニメから外れる」と報告。ファンの間で動揺が広がっていた

 製作委員会が27日、公式サイトに掲載したコメントによれば、今年1〜3月に放送したアニメと同様の制作体制を優先する考えで、「視聴者のご期待に添えるべく調整していた」という。だが、ヤオヨロズが8月に入って辞退を申し出たという。

 製作委員会は、ヤオヨロズが「関係各所への情報共有や連絡がないままで作品を利用した」と主張。続編制作を依頼する上で「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをしていた」が、ヤオヨロズ側が「その条件は受け入れられないので辞退したい」と返答したという。

 続編制作について、製作委員会は「制作体制を一から模索することになっているのが現状」と説明。「あらためて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります」としている。

photo 公式サイトより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.