ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月27日 06時00分 公開

Twitter、140字→280字制限に 試験導入、日本語は対象外

Twitterが、ツイートの文字制限数を280文字に拡大するテストを行う。日本語、中国語、韓国語は対象外。

[ITmedia]

 Twitterは9月27日、ツイートの文字制限数を現在の140文字から280文字に拡大するテストを行うと発表した。日本語、中国語、韓国語は対象外。全ユーザーの5%を対象に約4〜6週間実施するという。

photo 140文字(左)と280文字(右)のツイート。日本語、中国語、韓国語は対象外

なぜ280文字に拡大?

 なぜ280文字に拡大するのか。日本語を除外する理由は何か――背景には、各言語の「密度」の違いがあるという。

 Twitterの調査によれば、140文字に伝えたい情報を詰め込むのが難しく感じられる言語ではツイート数が少ない一方、“詰め込み感”が低い言語ではツイート回数が多い傾向が分かったという。

photo 同じ内容のツイートを異なる言語で表示したもの。言語によって“詰め込み感”に違いが出る

 また、英語でツイートするユーザーは、日本語のユーザーよりも「文字数制限にフラストレーションを感じている」とも指摘。日本語の全ツイート量のうち、文字数が上限140文字に達しているのは0.4%だったが、英語では9%が140文字に達していた。日本語ツイートのほとんどは15文字だったが、英語では34文字が多くを占めたという。

photo 日本語ツイートのほとんどは15文字だったが、英語ツイートは34文字が多かったという

 「Twitterは簡潔であるべき」という考えはそのまま、こうした言語での“詰め込み感”を軽減するため試験的に拡大する。テスト結果やユーザーの意見をもとに「皆さんが利用しやすい方法を考える」としている。

 Twitter Japan広報部は「長い間Twitterを利用している皆さんの多くは140文字ということに思い入れがあるかもしれない。私たち社員もそのように感じている」としつつ、「この変化によってもたらされるものを見て、新しいけれどもTwitterらしい簡潔さを保つのが良いと考えた」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.