ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年09月29日 11時33分 公開

洗濯物折り畳む「ランドロイド」出荷延期 2018年度に

全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の出荷時期が2018年度に延期。

[ITmedia]

 セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京都港区)は9月29日、全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の出荷時期を2018年度に延期すると発表した。「仕様のレベルを引き上げるために一部の機構を追加する」という。機構の詳細は明かしていない。

photo セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズの阪根信一社長とランドロイド

 ランドロイドは、乾いた衣類を投げ込むと本体内部で画像解析して形を認識し、ロボットアームが折り畳む。同社とパナソニック、大和ハウス工業の共同開発で、価格は185万円(税別)。2017年度内の出荷を予定していた。

 新しい出荷時期が確定次第、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズのWebサイトで告知するとしている。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.