ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年09月29日 16時27分 公開

GoPro、独自開発「GP1」プロセッサ搭載の「HERO6 Black」、5万9000円で発売

GoProの新アクションカメラ「HERO6 Black」は、独自開発の新プロセッサ「GP1」搭載で4K/60fpsの滑らかな動画撮影が可能で価格は5万9000円。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoProは9月28日(現地時間)、アクションカメラの新モデル「HERO6 Black」を日本を含む世界で発売したと発表した。日本での販売価格は5万9000円だ。

 hero 1 「HERO6 Black」

 「HERO 5」発表から約1年ぶりになる。

 hero 2 パッケージ内容

 独自開発のプロセッサ「GP1」により、4K/60fpsの動画撮影が可能になった。スタビライズ性能も格段に向上したという。静止画は1200万画素、タイムラプス撮影にも対応する。

 防水は水深10メートルに対応。液晶画面でのタッチズーム機能が追加され、マイクからの音声命令機能も付いた。

 hero 3 背面

 iOSおよびAndroid版GoProアプリの新機能「QuickStories」により、HERO6で撮影した動画がWi-Fi接続したスマートフォンに従来の3倍の速度で自動的に転送され、自動的に編集される。編集では適宜BGMやエフェクトが加えられる。


 GoProは同日、360度カメラ「Fusion」も発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.