ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月03日 09時41分 公開

CEATEC JAPAN 2017:「Photoshop」感覚でメイクを描く パナソニックが開発

画像編集ソフト「Adobe Photoshop」を使う感覚で、顔写真にメイクを描き込んで試せる――そんな「メイクアップデザインツール」をパナソニックが開発。

[片渕陽平,ITmedia]

 パナソニックは、タブレット画面上の顔写真にタッチペンでメイクを試せる「メイクアップデザインツール」を、「CEATEC JAPAN 2017」(千葉・幕張メッセ、10月3〜6日)に出展する。デパートの化粧品売り場など向けに、2018年に実用化を目指す。

photo 顔写真にタッチペンでメイクを描く

 米Adobe Systemsの画像編集ソフト「Adobe Photoshop」のように、顔写真にメイクを描き込めるツール。実際に口紅を塗る感覚で、タッチペンを唇に押し当てると筆圧に応じて色が濃くなる――というようにメイクしていく。タッチペンは、アイブロウやアイライン、マスカラなど筆の役割を切り替えたり、色を自由に選んだりしながら使える。

 メイクは、Photoshopの「レイヤー」機能のように、特定のパーツだけを表示したり、消したりができる。色の塗り方・重ね方、ブラシの動かし方など、メイク過程を順に確認することも可能。化粧品カウンターで試したメイクの手順を、スマートフォンで受け取れるといった利用を想定する。

 描いたメイクを、別の人の顔にリアルタイムで反映させるAR(拡張現実)機能も備える。カメラに映った人の顔の特徴点(目や口の位置など)を瞬時に分析し、顔写真の人の特徴点と比較しながら、メイクの位置を判断する仕組みだ。同社がデジタルカメラ開発などで培った画像認識、画像処理技術を活用したという。

photo 描いたメイクを、別の人の顔にリアルタイムで反映。顔を動かしてもメイクが追従して表示される

 メイクアップデザインツールは、すでにバンタン(東京都渋谷区)が運営するスクール「バンタンデザイン研究所」に試験導入。ヘアメイク・ウエディング学部の教材として活用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.