ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月10日 11時01分 公開

Twitter、「あとで読む」機能追加についてユーザーの意見を公募中

Twitterが、特に日本のユーザーからのリクエストが多いという「あとで読む」機能のプロトタイプの動画を公開し、ユーザーに意見を求めている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterの日本法人は10月10日(現地時間)、気になるツイートを「あとで読む」ための機能について、ユーザーからの意見を求めるとツイートした。

 ユーザーは一般に、タイムラインに流れてきたツイートを後で読みたい時、「いいね」やDM、非公開モーメント、RT(リツイート)などを使っているが、専用のブックマーク機能の実装を検討しているという。

 ツイートに添付されているプロトタイプのGIFでは、各ツイートのメニューバー右端に[・・・]ボタンが追加され、これをタップすると開くメニューで「Add to Bookmarks」をタップすることでそのツイートがブックマークに保存される。

 bookmark 1

 ブックマークは、画面左上の自分のプロフィール画像をタップすると表示されるメニューの「Bookmarks」をタップすることで表示できる。後で読もうと思っていたツイートをまとめて読める。

 bookmark 2

 このアイデアは、Twitterがサービス改善のために全社で開催する「Hackweek」というイベントで提案されたもの。特に日本のユーザーからのリクエストが多かったという。

 Twitterはユーザーに対し、ハッシュタグ「#SaveForLater」を付けて意見をツイートしてほしいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.