ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年10月10日 11時54分 公開

お酒が飲める「Amazon Bar」銀座に開店、期間限定で

東京・銀座に、Amazon.co.jpのお酒の品ぞろえを体感できるという「Amazon Bar」が期間限定でオープンする。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンはこのほど、Amazon.co.jpのお酒の品ぞろえを体感できるという「Amazon Bar」を10月20〜29日の期間限定で、東京・銀座にオープンすると発表した。世界中から取りそろえたお酒、同店でしか飲めない限定品を提供するほか、未発売品の試飲も可能という。1杯当たり500〜1500円で、フードメニューは500円から提供する。

photo Amazon Barのイメージ
photo

 「Amazonならではの豊富なお酒の品ぞろえをリアルな空間で表現した」(同社)。ユーザーが店頭のタブレット端末で、好みのお酒のカテゴリーやその日の“気分”について答えると注文するお酒が決まる――というオーダーシステムを採用する。

photo 提供するお酒の例

 ワイン選びをサポートするサービス「Amazonソムリエ」のソムリエも常駐し、ユーザーの要望に応じたワインを教えてくれるという。Amazon Barのために用意した特別なイベントも日替わりで行う。

photophoto 来店者のその日の“気分”などでお酒が決まる

 場所はG735 Gallery(東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル1F)。営業時間は午後5時〜午後11時、ラストオーダーは午後10時30分。未成年は入店できない。

photo ソムリエが常駐する

 米Amazon.comが、レジを通さずに買い物ができる「Amazon Go」など実店舗展開を加速する中、日本でも実店舗によるプロモーションが始まっている。2017年7月にはAmazonプライム会員の特典を体験できる「Amazonプライム ポップアップストア」を、東京・六本木に期間限定でオープンしていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.