ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月10日 12時38分 公開

ブロックチェーンで個人間送金、みずほ・三井住友・三菱UFJと富士通が実験

富士通は、みずほ・三井住友・三菱UFJと共同で、ブロックチェーン技術を活用した個人間送金サービスの実証実験を行う。

[ITmedia]

 富士通は10月10日、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループのメガバンク3行と共同で、ブロックチェーン技術を活用した個人間送金サービスの実証実験を、2018年1月から行うと発表した。

画像

 富士通は、3行が共通利用できる、個人間送金のためのブロックチェーン基盤をクラウド上に開発。送金や入出金の手続きを簡単に行えるスマートフォン用アプリも開発する。

 実験では、ブロックチェーン基盤上の個人用送金アカウントと実際の預金口座の連携や、個人用送金アカウント間での価値移転、日次の決済金額の精算、銀行間の受け払いも含めた一連の処理を、正確・安全に実施できることを検証する。

 システムは17年9月〜12月に構築。実証実験は18年1月〜3月に行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.