ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月12日 10時27分 公開

ソフトバンク、社員の副業OKに

ソフトバンクが社員の副業を解禁する。

[ITmedia]
画像 ニュースリリースより

 ソフトバンクは10月12日、働き方改革の一環として、社員の副業を解禁すると発表した。「本業に影響のない範囲かつ社員のスキルアップや成長につながる」副業について、会社の許可を前提に認めるという。

 これまで就業規則で「副業の原則禁止」を定めていたが、これを改定する。「イノベーティブでクリエイティブな企業風土を形成する」ための働き方改革の一環という。

 また、部署単位でエリアを決めた上で、個人席を用意せず共用席(フリーアドレス)にする「グループアドレス制」や、コワーキングスペースなどを活用したサテライトオフィスも導入する。

 社員のスキルアップのため、ロジカル・シンキングやプロジェクトマネジメントのeラーニングを実施するほか、管理職向けの集合研修も行う。

 それぞれの取り組みは、11月から順次導入する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.