ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月16日 10時50分 公開

ソフトバンク、SprintをT-Mobile USと経営統合か

ソフトバンクグループが、米Sprintを米T-Mobile USと経営統合させる方針で、独Deutsche Telekomと大筋合意したと、日本経済新聞が報じた。

[ITmedia]
photo ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

 ソフトバンクグループが、傘下の米Sprintを米T-Mobile USと経営統合させる方針で、T-Mobile親会社の独Deutsche Telekomと大筋合意したと、10月14日付の日本経済新聞が伝えた。ソフトバンクグループの広報室は「コメントを差し控える」としている。

 日経新聞によれば、Sprintは米通信キャリアとして契約者数が4位で、T-Mobile USは3位。統合が実現すると1位の米Verizon Communicationsと2位のAT&Tに迫る規模となり、第5世代移動通信方式「5G」への投資や新サービスの開発競争に備えるという。早ければ月内にも発表するとしている。

 ソフトバンクグループは、2014年にもSprintとT-Mobile USの統合を検討していたとみられるが、米連邦通信委員会(FCC)などからの承認を得るのが困難なため断念したと報じられていた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.