ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月16日 12時24分 公開

ビックカメラ、ARで家電配置 購入前にイメージ確認

ビックカメラは、AR(拡張現実)技術を活用し、実物大の家電製品を自分の部屋に表示できるサービスを試験導入。

[ITmedia]

 ビックカメラは10月16日、AR(拡張現実)技術を活用し、実物大の家電製品を自分の部屋に表示できるサービスを、同社のECサイト「ビックカメラ・ドットコム」で試験導入した。購入前に自分の部屋に家電製品を設置したときの雰囲気、色合いを確認したいというユーザーの要望に応える。無料。

photo サービス利用イメージ

 利用手順は、まずスマートフォンアプリ「scale post viewer AR」(iOS/Android)をダウンロードし、ビックカメラ・ドットコムの専用ページから映したい家電製品を選択。設置したい場所に、ビックカメラのポイントカードか、専用ページの「ARマーカー」をプリントアウトしたものを置いてスマホをかざすと、製品が浮かび上がるという。

photo 利用方法
photo ポイントカードか、印刷したARマーカーを使う。ARマーカーは、家電製品のサイズに応じてA4サイズ、A3サイズを用意

 表示できる家電製品は、バルミューダのトースター、ダイソンのサイクロン掃除機、米Appleの「Apple Watch Series 3」など48アイテム。

photo 対応家電の例

 表示方法は4種類。ARマーカーの真上に商品を表示する「垂直」、斜めに表示する「45度」、壁掛け商品などを寝かせた状態で表示する「水平」、試着や装着する商品向けの「並列」から選べる。

photo 表示は「垂直」「45度」「水平」「並列」から選べる

 試験導入の結果をもとに、サービスの拡大を検討するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.