ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月17日 07時39分 公開

WPA2の脆弱性「KRACK」対処パッチ、Microsoftは対応済み、AppleのOSとAndroidは数週間中

Wi-Fi暗号化技術「WPA2」の脆弱性対処について、Microsoftは10月10日の月例セキュリティ更新で対処済みと語った。AppleとGoogleは向う数週間中にパッチを提供するとしている。

[ITmedia]

 Wi-Fiの暗号化技術「WPA2」に悪用可能な脆弱性が見つかった問題について、米Microsoftは10月10日の月例セキュリティ更新で対処したと語った。米The Vergeが10月16日(現地時間)に報じた。

 krack 10月10日のセキュリティ更新リリースノート

 このセキュリティ更新では、「悪意あるソフトウェア削除ツール(MSRT)」がアップデートされた。

 MicrosoftはThe Vergeに送った声明文で「このUpdateを適用した顧客は保護される」とし、他のプラットフォームユーザーの安全のため「他社が同様のアップデートを開発・提供するまで詳細の説明は控える」と語った。

 米Appleは米iMoreのアナリスト、ルネ・リッチー氏に対し、iOS、tvOS、watchOS、macOSのβ版で対処済みだと知らせた。正式版になるのは数週間後の見込みだ。

 なお、Appleはリッチー氏に対し、Wi-Fiベースステーション「AirPort(日本ではAirMac)」シリーズはこの脆弱性の影響は受けないと語ったという(ツイート)。

 米Googleは米The Vergeに対し、この問題を「認識しており、向う数週間中に影響を受けるすべての端末向けのパッチを提供する」と語った。Pixelについては11月6日の月例アップデートで対処するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.