ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月17日 12時59分 公開

セガも参入、スマホで遠隔操作するクレーンゲーム 12月開始

セガが、オンライン上で遠隔操作できるクレーンゲーム「セガキャッチャーオンライン」の提供を12月に開始する。

[ITmedia]

 セガ エンタテインメントは10月17日、インターネット経由でプレイする「セガキャッチャーオンライン」の提供を12月に始めると発表した。PCの専用サイトやスマートフォンアプリなどでクレーンゲームの実機を遠隔操作できる。景品はユーザーが指定した住所に配送する。

セガ 「セガキャッチャーオンライン」

 スマホ、タブレット、PCを使い、24時間どこからでも遊べる。実店舗と同様、セガオリジナル景品を用意するという。同社は「高精細で通信負荷も少ない映像配信形式を採用した」としている。価格はアイテム課金制で、ゲームをプレイするために事前チャージが必要。

 10月17日から専用サイトで事前登録を受け付ける。抽選でクローズドβテストに参加できるという。

 同社広報は「スマートデバイスの普及に伴い、さらなる市場の拡大を予見し事業参入を決めた。約200店舗の施設運営で培ったノウハウを生かす」としている。

セガ

 オンラインクレーンゲームは、サイバーステップ(東京都杉並区)の「トレバ」やぷらこれ(兵庫県神戸市)の「ぷらこれ」など多数のサービスが存在。業務用ゲームメーカーとしてはタイトーが9月に参入を表明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.