ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年10月17日 15時17分 公開

フォースの力で家電を“支配” ライトセーバー型リモコン

タカラトミーアーツが、ライトセーバー型のリモコンを発売する。テレビに向けて本体を切りつけるように振って電源をつけられるという。

[ITmedia]

 タカラトミーアーツは10月17日、家電製品を操作できるライトセーバー型のリモコン「STAR WARS  リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー」を12月14日に発売すると発表した。価格は4800円(税別)。テレビに向けて本体を切りつけるように振ると、効果音が鳴り、テレビの電源をオンにできるという。「フォースの力で家電製品を自由にコントロールできる」(同社)

SW
SW

 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で、主人公ルーク・スカイウォーカーが父の形見として受け取る架空の武器ライトセーバーをモチーフにした。本体に電化製品のリモコンの赤外線信号を記憶させると、内蔵する振動センサーの上下左右の動きで家電を操作できる仕組みだ。

 最大6種類の信号を記憶でき、テレビのオン/オフ、チャンネルの切り替え、音量の調整のほか、オーディオ、照明などの家電を本体1つで操作できる。

 本体サイズは30(幅)×30(奥行)×153(高さ)ミリ、重量は74グラム。別売りの単四形アルカリ乾電池2本で駆動する。対象年齢は15歳以上。

SW

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.