ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
» 2017年10月18日 09時29分 公開

iPhone X、11月以降の出荷は大幅に改善か

iPhone X出荷のボトルネックとなっていたプロジェクターモジュールの生産が改善された模様だ。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 DigiTimesが、Appleサプライヤーからの情報として、iPhone X用部品の歩留まり率が向上し、11月以降の出荷は大幅に改善する見通しだと伝えている

photo DigiTimesの記事

 Face IDに必要なプロジェクターモジュール生産が改善されたことで、iPhone Xの出荷数は徐々に増えており、クリスマスシーズンまでにはAppleの需要を満たすと考えられるそうだ。

photo 顔認証に必要なモジュールがボトルネックだった

 Appleがどれだけの市場需要予測を立てているのか、実際に市場からの要求数はどれぐらいになるのか、などは未知数で、2018年第1四半期まで需要と供給が安定するのは難しいと考えられる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.