ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月18日 17時30分 公開

バンダイ元従業員が2億円詐取か 刑事告訴へ

バンダイの元従業員が約2億円を不正に詐取していたと、バンダイナムコホールディングスが発表。

[ITmedia]

 バンダイナムコホールディングスは10月18日、子会社バンダイの元従業員が同社から約2億円を不正に詐取していたことが判明したと発表した。元従業員は17日付で懲戒解雇したという。今後は刑事告訴を行い、捜査当局に全面協力するとしている。

 元従業員は2013〜2017年、取引先と共謀してバンダイから約2億円(現在判明分)を詐取していたという。同社が8月29日に国税当局から税務調査を受けた過程で分かり、内部調査委員会を立ち上げ、社内調査を進めていたと、バンダイナムコホールディングスは説明している。

 不正行為を受け、コンプライアンス意識の徹底を図るほか、業務フローの見直しなど内部統制体制を強化するという。管理監督責任を明確にするため、バンダイナムコホールディングスの田口三昭社長の月額基本報酬の30%を、10月から3カ月間減額するなどの処分を行う。連結業績への影響は軽微としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.